これまで度々僕の記事で名前だけ登場してきました、ハナレグミ。永積タカシさんという方のソロユニット名です。

名前は聞いたことある、あるいは好きなアーティストとのコラボ曲で声だけは知っている、といった方がけっこう多いんじゃないでしょうか。 
profile_img
 (ハナレグミofficial web siteより引用)

はっきり言って、それは非常にもったいない! 

ハナレグミ単体、もしくはゲスト参加?的なかんじで発表されている楽曲を一度ちゃんと聴けば絶対に大好きになる方がたくさんいらっしゃると思います。ので、僕が独断と偏見でおすすめするハナレグミの楽曲一覧を以下に列挙していきたいと思います。

そうだ、どうせならランキング形式にしよう。そうしよう(今思いついた)。それでは、どうぞ! 


第10位 明日へゆけ Youtube

最初に断っておきますと、僕がおすすめするハナレグミの楽曲の8割以上はこういったバラード曲です。
こうやってシンプルに「明日へゆけ」と繰り返し力強く言われてしまうとどうしたって気持ちが高ぶらざるを得なくなります。泣けます。ちなみに動画はかつて所属したバンドSUPER BUTTER DOG(レキシも所属してました)バージョンです。

第9位 大安  Youtube

すみません、ハナレグミ版の動画はないようです。収録アルバム買って下さい。
あいのわ
ハナレグミ
ビクターエンタテインメント
2009-06-24

雨が上がって雲の切れ目から光がさしていてそれを浴びているような、明るい曲です。最終的に「大安」と連呼します。めでたい。僕の結婚式でもどっかのBGMとして使いました。

第8位 家族の風景 Youtube

これは比較的有名な曲ですね。「キッチンには~ハイライトと~」というフレーズに聞き覚えがあるのでは。他のアーティストが何人かカバーされてるようです。これもSUPER BUTTER DOG名義だったのかな?もともとは。この曲を収録したハナレグミ名義のアルバム「hana-uta」は名盤ですのでそちらのチェックもぜひに。
hana-uta
ハナレグミ
EMIミュージック・ジャパン
2005-09-14


第7位 おあいこ Youtube

現時点での最新アルバム、『What are you looking for』のリードトラックです。これ、先日仕事中、車乗っててラジオつけてたら流れてきて不覚にも「え!?えっ!?」ってなってなんか涙ぐんでしまいました。心を直でえぐってくる曲ですね。
なんてことを書いてたら、この曲、作詞作曲がRADWIMPSの野田洋二郎氏だったんですね。こうやって別のフィルターを通して曲を聴くと、やっぱり野田さんってすげえんだな、と思います。

What are you looking for (完全限定生産盤)
ハナレグミ
ビクターエンタテインメント
2015-08-19



第6位 オアシス Youtube
 
こちらは打って変わってひたすら愉快な1曲です。「そうだった、忘れていた、永積タカシはスーパーバタードッグのボーカルだった!」と思い出させてくれる、楽しい1曲です。
余談ですが、僕がはじめてハナレグミを知ったのは、僕の大好きなバンド、チャットモンチーが、ドラム高橋久美子氏脱退の後、はじめて行った全国対バンツアー「求愛」の名古屋公演でした、チャットモンチーの前座として登場したのですが、完全にその場の空気を持って行ってました。
で、その時にベース(ドラム)の福岡晃子氏が「ハナレグミのアルバムはドライブにうってつけ」とおっしゃっていたんですが、この曲を聴くと、まさに、というかんじがしますね。「オアシス」というアルバムに収録されています。
オアシス
ハナレグミ
ビクターエンタテインメント
2011-09-07


第5位 光と影 

うわー これ動画ないんですね。うわー。もう収録アルバム買いましょう。超良い曲です。下記3曲を知る前までは僕の中でぶっちぎで1位でした。泣けます。以上。

あいのわ
ハナレグミ
ビクターエンタテインメント
2009-06-24



第4位 明日天気になれ Youtube

歌詞がいいです。
振り返ると狐のお化け つらなる鳥居でかくれんぼ
夏の真ん中で 胸高鳴れば
変わらない ここで待ってても
行かなくちゃ 一人ぼっちでも
で、上昇気流のように、サビに向けて、締めに向けて徐々に盛り上がっていく曲の構成。完璧です。


第3位 インストバンドの唄 

これは星野源さん、在日ファンク所属の浜野謙太がかつて所属していたインストスカバンド、SAKEROCK名義の楽曲です。収録アルバムはこちら↓
songs of instrumental
SAKEROCK
カクバリズム
2006-11-08

完全に個人的な話なんですが、今年の6月に行った彼らの解散ライブのアンコール1曲目で、星野源さんがこの曲を歌ったんですね。その思い出が、もう。すみません、そうなるとハナレグミ関係ないですね。すみません。


第2位 サヨナラCOLOR Youtube

押しも押されぬSUPER BUTTER DOG時代の名曲です。この曲が収録されているこちらのアルバムも一緒に買っちゃいましょう。こんなに切なくも美しいバラードなかなかないんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。
 
SUPER BETTER BETTER DOG
SUPER BUTTER DOG
EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
2008-09-03


第1位 天国さん 

すみません、これもMV等はないようですね。「オアシス」収録曲。一番最後です。
オアシス
ハナレグミ
ビクターエンタテインメント
2011-09-07

これについては、またまた個人的な思い出がありまして。これ、2011年(?)公開の映画『エンディングノート』の主題歌でして。この映画、本当に素晴らしいんでぜひ観ていただきたいんですけど

この映画の一番最後に、ある描写と共にこの曲が流れて、もう僕涙が止まらなかったんですよね。たぶん映画であんなに涙腺を指してきたのってこれだけなんじゃないかと思います。そしてさっきこの動画観て思い出してまた泣いてしまった。

すみません、曲関係ないですね。曲も同じくらいいですよ。