にわかにネットの音楽論壇が盛り上がってますね。

宇多丸 為末大『日本人にHIPHOPは馴染まない』ツイートに反論する 

 宇多丸師匠もおっしゃってるように、ほんとにこの手の議論は日本のヒップホップ黎明期の頃からされつくされた感があって、なんか今更な感も否めないんですが、それでもこれだけこの為末さんのツイートが炎上して、この記事がいろんな人に読まれてるということは、なんだかんだみんな日本のヒップホップに関して同じようなことを考えたことはあるのかな、って思いました。 

まあこの議論の結論は、上記の記事で宇多丸師匠がおっしゃってるように、「為末さんはあんまり日本のヒップホップのこと知らずに言っちゃったんだろうな」ってことですよね。
為末さんは、日本のヒップホップは、どうもまんまアメリカのマネしただけのもの、な印象を持っていた。ので、そうじゃなくって、「あるジャズシンガー」のように日本風のそれを作っていけばいいじゃん。って言いたかったんでしょう。

まあね~、印象論でそう感じちゃうのはわかるっちゃわかるので、仕方ないんですけどねぇ。

そんなわけないんですよ。アメリカのこういうの

を、宇多丸師匠をはじめとした日本のヒップホップの始祖達が、頑張って日本風に落とし込んできた歴史があるからこそ、嵐の櫻井君が「A・RA・SHI」でラップやってくれたりするレベルで市民権を獲得してる今があるわけですよ。そういうの知らずに例としてこの話題を挙げちゃうのはちょっとよくなかったな~と、為末さんの本の愛読者である僕なんかもさすがに思っちゃいます。
 

はい。そんなわけで、為末さんには僕の大好きな日本語ラップ×日本のトップミュージシャンの曲を一回聴いていただいて、その文化の一端に触れていただきたいなと思います。


はい、すごく無理矢理な流れでしたね。ただ単純に最近「三文ゴシップ」を聴いてて、この曲を紹介したかっただけでした。

超いいアルバムなので、おすすめですよ。