きました。きましたね。くるりが2年ぶりにニューアルバムを出します! 

くるり、2年ぶりアルバム「THE PIER」発売 - ナタリー 

ジャケット、かっこいいですね。こういうクールなイメージのジャケットっていままでなかったんじゃないかな。
発売日は2014年9月17日なんだそうです。読み方は、(たぶん)「ザ・ピアー」。
THE PIER (初回限定盤)THE PIER (初回限定盤)
くるり

ビクターエンタテインメント 2014-09-17
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る by AZlink
↑Amazonでは予約開始してます。

【追記】iTunesでも購入できるようになったみたいです!
 

はい、そんなわけで、とにかく楽しみなこのニューアルバム「THE PIER」なんですが、これを迎え撃つにあたって、まず押さえとかなければいけないのが、前作「坩堝の電圧」です。

 
1曲目にふさわしい爽やかな青空を駆け抜けるような曲、「white out (heavy metal)」、そこからの落差がすばらしい変態曲「 chili pepper japons」、フェスの定番曲everybody feels the same」、正統派バラードの「soma」「のぞみ一号」や、ジーンとくる最終局「glory days」…これらが全てつながって一つの作品として成立している。
トランペットのファンファンとかが加入した、今の編成になって最初のアルバムだったので随分話題となったんですが、実際、こんなすごいアルバムがあったのかと大変感動した記憶があります。おすすめ。


で、これを踏まえての今作。これがまた大作の予感なんですよ。 

まずはAmazonに上がってた曲目リスト。
1.2034 
2.日本海 
3.浜辺にて 
4.ロックンロール・ハネムーン 
5.Liberty&Gravity 
6.しゃぼんがぼんぼん 
7.loveless
8.Remember me 
9.遥かなるリスボン 
10.Brose&Butter
11.Amamoyo 
12.最後のメリークリスマス 
13.メェメェ 
14.There is (always light) 
Amazon商品詳細の項より抜粋 
チオビタドリンクのCM曲「loveless」「ロックンロール・ハネムーン」、先行シングル「最後のメリークリスマス」「Remember me」、映画『まほろ駅前狂騒曲』主題歌である「There is (always light) 」…


などなど、そもそも先行で投下されている曲達が多々収録されてはいるんですが、このアルバムの本気というか、すごさを予感させてくれるのが、先日MVが公開されたこの曲。

「Liberty&Gravity」

 

どうですかこれ。すごくないですか。1秒先が全く読めない異質すぎる展開なのに、曲としてのまとまりが素晴らしい。アジアン?オリエンタル?な雰囲気を醸し出しつつも間に入るラップっぽい早口なところはすごい2014年的 な若々しいかんじ。とにかく新しい。こんな曲聴いたことない。
MV も面白い。東京事変「OSCA」のMVにでてくるお姉ちゃんを思い出しました。

で、実際この曲はMV発表前から結構話題になってたみたいなんですよね。すでにいくつかのライブ・フェスで披露されてたみたいで、「変な新曲」なるあだ名で通っていたそうです。

ナタリー - くるり“変な新曲”を田向潤がポップに映像化

 
そんでまた前評判もえらく良い。 発売前に書かれた、こんな短いレビューをみつけました。

くるりのニューアルバム『THE PIER』にたまげた - ROCKIN'ON 編集日記 
本日発表されましたが、くるりの11枚目のオリジナルアルバムは『THE PIER』。 このアルバム、本当にとんでもないです。 時代も国籍も不明、時空が捻じ曲がるような未曾有の音楽体験。 これまでのすべてのくるりのようでもあり、これまでの何でもない。
上記記事より 
ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2014年 09月号 [雑誌]ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2014年 09月号 [雑誌]


ロッキング・オン

Amazonで詳しく見る by AZlink

ちょっと何言ってるのかよくわかりませんが、とにかくすごい1枚であるのは理解できました。名盤となるのでしょう。
発売が待ち遠しいですね。