このページではメレンゲのレビュー、人気曲、おすすめ曲を掲載しています。
profile
メレンゲ公式サイトより転載

■プロフィール
 Vo.&Gt.&Syn.クボケンジ、Ba.&Cho.タケシタツヨシ、Dr.ヤマザキタケシ。
2002年クボケンジのソロ・ユニットとしてメレンゲを始動。2013年4月キューンミュージックへの移籍を発表。 バンド結成10年を経て、新生メレンゲとして柔らかく存在感のあるメロディで新時代を切り開いていく。 
「最終兵器彼女」って漫画、皆さん御存知でしょうか。  
僕が中学生か高校生かの時に結構流行った漫画でして、僕も当時ドハマりしたんですが、メレンゲは、この漫画の実写映画の主題歌を歌ってたんです。  

それがこの曲なんですが。
 
すみか

どうすかこの10代の純情恋愛心をくすぐる曲は。
この静けさと甘酸っぱさがまた、この漫画とよく合っとりまして。
サイカノ読む→「すみか」聴く→メレンゲ聴く→サイカノ読む という無限ループに落っこちた記憶がございます。

 当時の僕は、ちょうど「ちょっぴりアンダーグラウンド」なアーティストをいろいろ聴き漁り始めてた頃で、メレンゲもそこで出会ったバンドの一員で。
 繊細な、でも力強い声と、詩的な歌詞(「すみか」はそうでもないかもですが)。それに切ないメロディが合わさって、恋することに恋をしていたチェリーボーイ(16)の僕にはクリティカルヒットな人たちでした。  


そんなメレンゲ、この「星の出来事」以後は恋愛要素の薄れた、より叙情的な曲を出すようになり、これもまた心を突くものがたくさんありまして。  


スターフルーツ



で、今回のアニメ「宇宙兄弟」主題歌への抜擢。 この前に主題歌として使われていたのは、ご存知フジファブリックの「Small World」。盟友であるこのバンドからの流れなので、両バンドのファンとしてはなかなかうれしいタイアップです。
個人的にこの三人はもっとメジャーで評価されてほしいなーなんて思っておりまして。これを機に、もう一つ飛躍を遂げて欲しい限りです。  





以下、僕のメレンゲオススメベスト3! (YouTubeに飛びます)

【1位】
夕凪

今のメレンゲとはかなり毛色の違う、バンド色の強い曲。でもこれもまた切ない歌詞とマッチしてて、なんかわーっとなります。チャリ漕いで高校行く時よく聴いてた思い出の曲です。
確か地元のFM曲のヘビーローテーションに選ばれていて、そこでこのバンドと出会った記憶があります。

【2位】
アルカディア

フジファブリックの故志村氏にささげたと言われる曲。それを思いながら聴くだけで泣けてきます。

【3位】 
8月、落雷のストーリー

恋した女性との出会いを雷にみたてた物語性のある一曲。夏の日、雷、雨が自然と頭に浮かんできます。 このあたりの叙情性がメレンゲのすごさの一つだと言えるでしょう。 
アルバム曲ですが、歌詞の物語性と歌声が本当によく合っていて、初期のメレンゲの神髄が感じられます。これが収録されているアルバム、「星の出来事」は本当におすすめです。