このページではチャットモンチーのおすすめ曲、人気曲紹介、レビューを掲載しています。
bio
(チャットモンチー公式サイトより転載)
■プロフィール
2000年4月、橋本絵莉子を中心に徳島で結成。2002年3月、橋本の高校の同級生だった福岡晃子が、翌2004年4月に福岡の大学でサークルの先輩だった高橋久美子が加入し、以降はこの3人体制で地元徳島を中心に活動を展開する。2005年11月、ミニアルバム「chatmonchy has come」で、Ki/oon Musicよりメジャーデビューを果たす。2006年春には初の全国ツアー「smoke on the ご当地'06」を開催し、同年1月には初のフルアルバム「耳鳴り」をリリース。この作品はオリコンウィークリーチャート10位を記録した。2008年春、初の日本武道館ワンマンライブを2日間にわたって開催。チケットは2日間とも完売し、大成功を収めた。その後も精力的な活動を繰り広げるが、2011年9月29日の地元・徳島でのライブを最後に高橋が脱退。その後は橋本と福岡の2人体制で活動を継続し、同年11月からは対バンツアー「チャットモンチーの求愛ツアー」を行う。2012年2月には初のベストアルバム「チャットモンチー BEST 〜2005-2011〜」をリリース。その後、7カ月間で計5枚のシングルを次々と発表。同年10月、2人体制となって初のフルアルバム「変身」を発売する(ナタリーより引用)。
新しい事を始める時。よくわからない所に飛び込む時。 僕たちは誰もが漠然とした恐れを抱くものだと思う。
僕もまたその一人だ。  

2012年の2月某日。大学の卒業論文を提出し終え、4年間続けてきたバイトも卒業。僕は世の大学4年生の大半と同じく、残り1ヶ月ちょっとで学生生活が終わるという事実をなかなか頭が処理しきれず、非常に落ち着かない心持ちでいた。
会社で働くことに対する漠然とした不安、恐れ。 まぁ一言で言うとナーバスになっていた。  

チャットモンチーの『満月に吠えろ』を聴いたのは、ちょうどそんな時だった。


2013年シングル発売 満月に吠えろ

やばかった。

 ドラムの高橋氏が脱退したことは知っていた。彼女がチャットモンチーの代表曲の数々の作詞を担当していたことも知っていた。彼女が抜けた後、サポートメンバーは入れずツーピースバンドで活動していたことも、ベースの福岡氏がドラムに転向していたことも、そんな新生チャットモンチー初のシングルであることも。  

だから。だからあんなにガツンといかれたんだろう。  
全てが手探りであっただろう中で、彼女達の心境をそのまま示すような、悲しげな、不安げな、でもひたすらに前向きな曲をぶつけられたのだから。

「荷物を乗せて走り出す夜は永いだろう」
「 きみは何を感じてる? 大丈夫はもう誰も言わない  だから行くんだろ 行くんだろ」
「 満月に吠えろ  悲しみ越えて行け」

僕はこの曲に背中を押され、胸を張って社会に飛び出した。

「満月に吠えろ 転がる石になれ
 満月に吠えろ まだ見ぬその先へ
 満月に吠えろ この歌をとめるな」



以下、僕のチャットモンチーオススメベスト3! (YouTubeに飛びます)    

【1位】 ここだけの話

「忘れたくない スタートした瞬間にだけ 見えるゴールを
思い出したい つまずいた瞬間にだけ 与えられるエネルギーを」

【2位】恋愛スピリッツ

静→動 歌詞が切ない。

【3位】 コンビニエンスハネムーン

きゅんきゅんします。歌詞も橋本えっちゃんらしい。